クロネコヤマトが一番だね。

日本郵便も佐川急便も駄目だわ。

さっき佐川急便から不在者通知メールがきたが、その時間は確実にいた。営業所に電話したら担当ドライバーに連絡して届けるとのこと。

折り返し営業所から電話があって、ドライバーがインターホンを何回か押して、インターホンが壊れてるだとかほざきやがった。

始めに営業所に電話する前に自分の部屋のインターホンはなることは確認してから電話してあったのに。

これは部屋間違いだなと思い、部屋のドアの前にいてドライバーが来るのわざわざ待っていた。

予想通り、ドライバーは違う部屋のインターホンならしてドアをノックしていた。

部屋の前からそのドライバーにその荷物は家じゃないですか??と声をかけた。

違う部屋番号をドライバーが言ったので差出人が部屋番号間違えたのかな?と思い、送り状を見たら家の部屋番号じゃないか!!

ドライバーの思い過ごしだったわけだ。家は表札も出してあるんだよ!!部屋番号を確かめるのなんて基本中の基本だろと思った。

ドライバーも営業所の姉ちゃんも、家のインターホンが壊れるとか言う前に自分たちが何か間違いをおかしていないか疑うべきではないのか??

佐川急便に部屋番号を間違えられたのは初めてじゃないんだよ。

ヒヤリハット事象として営業所で情報を共有して、間違いを減らす対策に利用してもらいたい。

日本郵便の方は、ゆうパケット。ゆうパケットは基本手渡しではなく郵便受けに投函とホームページに書いてある。例外として郵便受けに入らない荷物などは手渡しらしい。

今回の荷物は本一冊なわけよ。辞書みたいな暑い本ではない。余裕で郵便受けに入る荷物なんだよ。それを一昨日、不在者通知を入れたわけさ。こっちは届いた本を夜読もうと楽しみに帰宅したのに。

今日再配達の申し込みを時間をかけてやったのに、まだ届いてないのさ。再配達時間内だけど。再配達の時に荷物を郵便受けに入れさせて入ることを確認させて配達者にはゆあパケットの荷物の取り扱いを指導してやるつもり。

なんで、お客様が配達者に教えなきゃいかんのや。プロ意識が足りないんだよな。郵政民営化にしてサービスは確実に低下しているよな。

郵便物の誤配もひどいよ。郵便配達の人募集のゴミになる紙とか入れるなと言いたい。

やはり、クロネコヤマトが一番社員研修やサービスが行き届いているよ。

今後の佐川急便と日本郵便の企業努力に期待したい。同じミスが続くようなら、なおるまでクレーム入れる。本社宛に苦情連絡もする覚悟だ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です