長年の呪縛から解放される日は来るのか?

昨晩の夢に、小学生の頃から長年片思いした人が登場してきた。

自分は中学生高校生の時もそれなりに持てて、何人かの女性から告白されたことがあるが、どうしても片思いの人の事を諦めきれずに断ってきた。

大学を卒業して就職してからも何かとストーカーみたいに近くにいた。その頃はその人には彼氏もいたのはわかってはいた。けれども、いつかは自分の方を振り向いてくれるのではないかと諦めきれずにいた。

自分の中では叶わない夢であることはわかってたのだが。

その女性が結婚することになり、同級生の店でお祝いを兼ねて友達らが集まることになっていた。自分も呼ばれていた。自分はご結婚おめでとうと書かれたケーキを持ってその店に早めに着いた。

お店を切り盛りしている友達にケーキを渡して、自分はその店を後にしたんだ。お祝いしてあげるべきだったのに、自分はその女性と相手の彼氏に会う勇気がなかったのだ。

どうしてもその現実を受け入れることはできなかったのだ。そのあとその女性とは一度もあってもいないし、連絡もしていない。

そして、逃げるように東京を後にした。20年以上思っていた、自分の人生そのものだった。

東京にいたときから、鬱傾向ではあった。それからは鬱の治療をしながらなんとかワンコ達と暮らしている。

東京を後にしてからは、ちゃらんぽらんな生き方だ。回りの人を不幸にし、職場の人からも最低人間とも言われ、夢も希望もなくただ生きているだけだ。

親より先に死ぬのは親不孝だから、生きてるのかも知れない。ワンコ達を残して死ぬのもできないからかもしれない。

夢の中では昔の女性としか会えないのが心残りだな。

もう一度、ほんの少しで良いからあってみたいな。

結婚祝いの集まりで逃げ帰ってしまった事を謝罪したい。そして呪縛から解放されたい。