微笑ましい光景

早朝、杖をついたかなり高齢のお爺ちゃんが何かを

連れて散歩していた。その足取りはとてもゆっくりだ。

ワンコかと思ったらにゃんこだった。

リードをしていた。可愛いにゃんこだった。

にゃんこはリードを引っ張ることもなくお爺ちゃんと

同じペースで散歩していた。

おそらく毎日のルーティンなのだろう。

お互いにパートナーのことを信頼しているようであった。

自分もワンコたちとそのような関係になれたらなあ。