世の中アホばかり

先日、不動産会社から火災保険の更新の手紙がきた。

支払いを現金の場合は現金と必要事項を記入した書類を持参。

振込の場合は振り込んで、書類は同封の切手つき付きの封筒で

郵送。

勿論自分は振り込んで、必要事項を記入して重要説明書を

剥がして返信するように書いてあったので指示通り

当日振込処理をして次の日に通勤時ポスト投函した。

振込手数料はこちら持ち。当然納得の上で。

本日帰宅すると、重量オーバーで10円不足で戻って来やがった。

不動産会社の指示通りにしたのに重量オーバーで切手不足とは

どういうことだ?早速不動産会社に連絡すると本日の

営業は終了したと、ババアの声が聞こえてきて即切った。

なんかムカムカしたから郵便局に、こういう場合受け取り側に

不足分を請求しないのか聞くために電話したよ。

制度や仕組みがわからないのは自分的には納得いかないからね。

郵便局の女性は、クレームに慣れているのか此方の言い分を

傾聴して謝ってくれた。それで、此方も冷静になって

差出人に戻る場合と受取人に請求するのはどういう理由で

なるのか尋ねた。そしたらなんと差出人の住所や連絡先が

ある場合は、受取人に請求する前に、まずは差出人に戻すみたいだ。

そこで、それならば次からは此方の連絡先等を封筒の裏側に

何も書かないで送れば良いのか?と質問したら

郵便局もそれは困る様なことを言ってきた。

自分も此方の連絡先を記入するのは常識だと思う。

そしたらなんと、不足分の紙はそのままにして、封筒の

表側に、受取人に請求して下さいと書いて、捺印して

ポストに投函してくれれば、相手の会社に請求するとのこと。

郵便局の指示に従って、明日ポストに投函することにした。

また、封筒の裏側には不動産会社に自分以外の顧客にも

迷惑がかかるから、早急に改善するようにはしりがきをした。

たかが、10円不足のために自分の貴重な時間とクレーム電話と

走り書きをするはめになった。

全くアホばかりだなあ。元はと言えば不動産会社が切手代不足の

返信用封筒を入れたせいだが。

郵便局も差出人に戻すのもどうかと思う。差出人が不足の切手を

はったのか、返信用封筒で送ったのか不明なところはわかるけれど。

ここで、一つ提案だが企業が返信用封筒を用意した場合は

返信用の旨を企業が記入するか、料金後納の封筒にするべきだ。

それ以外は差出人の切手代不足にすれば、最短で内容物が

相手に届くし、誰も嫌な思いをしないですむのではないか!!

そのように郵便約款を改訂してもらいたい。さもなければ

今後は差出人の住所は記入せず名前だけしか記載しない。

以上。