貴重な日曜日を

体力回復に用いてしまった。

睡眠不足は解消されたが、やりたいことができなかったことに対して、
少し自己嫌悪もありブルーな
気分だなあ。
この遅れは、このあとの効率化で
取り戻しお釣りがくるようにせねば。

不動産屋から昨日電話があり
専任媒介の契約書が届いたと
連絡があった。
そしたら、売値を50万円下げれば
買い手がつくかもと言い出した。
専任媒介に此方の希望金額も
記載されてあり、その金額は
不動産屋から調べてきて提示して
きたものなのに!
即、値下げはせずに提示した売値で
売却先を見つけるように返答した。
見つからなければ、売れなくても
家賃収入を得るつもりだ。
自分が購入してから1度も
入居者が変わっていないので自分は
退去しないものと楽観視している。

不動産屋はおそらく手数料が
欲しいだけかもしれない。

たぶんそうだと思う。
専任媒介だと、2週間に1度は
経過報告を売り主ししなければ
ならないのだ。
半年で契約更新になるが、
半年で決まらなければ専任の
更新はせずに他の不動産屋と
媒介契約をして広範囲で売却を
試みても良いかな?

ところで為替の方は明日から
米ドル円も豪ドル円を先週の円高の
調整から円安方向に上昇すると見ている。
その上昇した所に、売りを仕掛ける
つもりだ。

米ドル円は105円を切ったがこのまま円高が進むとはどうしても思えない。
米国の経済回復の方がドル高になる
影響の方が強いと思われる。

先週の円高はトランプ大統領の鉄鋼とアルミに関税をかけると言う発言に
過ぎないと思う。

米国の車を始めその他の製品の部品となる材料が海外からの輸入が多いので
それに関税をかけたら、米国が
その製品の価格を高くせねば
利益が少なくなり、米国内の企業にとっては死活問題になるからだ。
また、EUに対しても関税をかけるとか
トランプ大統領は発言しているが、
経済戦争になっているわけだ。

トランプ大統領も政権内で辞任者
が多くなり、就任当時の推進力が
低下してきたみたいだ。

ロシアもプーチンがいつまで牛耳るかは不明だが、人間歳をとって行くものだ。

自分的には大英帝国が巻き返して
来るような気もする。
そうなるとカナダも巻き返して来るかもね。
かなり先の話かもしれないがね。

かなり横道にそれてしまった。

とりあえず睡眠不足は解消したので、
dTVみて、読書しよう。

トランプ大統領がやってくれたよ

悪い意味で!!

アルミと鉄の関税を上げるとか言い出した結果、ドル売り円買いが加速して、一機に円高が進んだよ。

投機筋がどこまで売りを仕掛けてくるかがわからんから、下手に買いで入れんよ。

かといって、売りで入れば仕掛けた奴らが利益確定で買い戻して一機に円安方向に振れる予感もする。

自分はどちらかと言うと、トレンドが強い時よりもレンジの方が簡単なので、取引がやり易いと思う。

暫くは、ドル円も豪ドル円も戻り売りかなあ?

豪ドル円も82円割れだよ!
どうすりゃ良いのかな?
迷う。

少し様子見かなあ?

今日は仕事もかなり疲れたよ。
マインドをもっと強くしないと、冷静な判断ができない。
資金を投入して、維持率を上げて心にゆとりを持たせるのが良いかも。
悩むなあ。