米ドル円の売り注文の入りどころ

が難しい。かといってロングでも入りづらい。
107円台に入り頭打ちのような気もするが、まだ売り注文は様子見。
下がり始めてから着いていった方が
無難。
豪ドル円は朝方予想通り利益確定できてウハウハ。
そのあと一機に上昇したのはなんなのかなあ?
だが、少し前から急激に下がり昨日の高値近辺ですね。
ここは、売り注文をして、今朝の安値の少し上辺りで利益確定を自分はするよ。昼間の上昇でロング確定できた人はおめでとう。
しかし、欲を出して売り抜けるのを
失敗した人は南無~。
どのチャートにも言えることだが、
右岸の壁と言って、チャートの上昇は
徐々にだけど落ちる時は正に壁のパターンが多いんだよ。
オシレーター系のインディケーターで、例えばRSI、これは売られ過ぎ買われ過ぎの指標を示すのだけどRSIが80を越えたら何時右岸の壁になっても
おかしくないから、自分なら早めに
利益確定するかある価格まで下がったら売り抜ける注文を入れた方が良い。
MACDでデッドクロスを見ても良いけど、少し遅くなることがあるからね。
後は、長い時間足でレジスタンス
強く跳ね返されているライン近辺
で利益確定すべきかも。
そこで1度利益確定して、
強いラインを抜けたら改めて買いで
入りラインの少し下に損切りを入れる
のが良いのかもしれないね。
豪ドル円がこのあと、今朝方の
安値を下回らなければ、
その時点でロングでも良いのかも。
所謂トレンド転換かもしれない。
今朝の安値を下回ったら、
再度上昇したところを戻り売りだね。

わかる人はわかるよね。

つまりこのあと底が今朝の安値を
下回らなければ、安値と安値を
結んだラインがサポートラインに
なるわけさ。

今夜は豪ドル円をとりあえず売り注文して、今朝の安値の少し上で利益確定の注文を出して寝る。

夜中目覚めるだろうから、安値がどうなるかでロングにするか、上昇するのを待って戻り売りかだね。

そんなとこかな?

おやすみ。