何を考えるのか?

今日気になったことは、昨日と今日と
アパートから引越しをしていった人のことだ。

私より下の年齢の人だったが、一人はおとなりさんで、私が引っ越して来たときに挨拶に行ったり、すれ違えば挨拶をするくらいで名前も知らないひと。
もう一人は年輩のひと。

隣の人は、たぶん派遣の人かな。車のナンバーが北海道の人だった。年輩の人はなにもわからない。

それぞれに事情があって引っ越すのだろう。

やむを得ず引越しを余儀なかったかどうかはわからないが、たぶん派遣の人は仕事の事情で、年輩の人は健康の問題なのかな?と勝手に思っている。

少しマイナス思考で見てしまっている自分に嫌悪している。

私は幸い仕事があって副業も今のところまあまあ。
でも、いつ何があってどうなるかはわからない。
だから1日ワクワク過ごしたいと思う。
お金がなくて食べるのに困りたくはないし、すむ場所を追われるのも嫌かな。
ワンコと別れるのは耐えられない。

いつかは困っている人をサポートできるくらいの資産をつくり何らかの団体を持ちたい。持つと言うかシステムをつくり、大きな家族というかそんな感じのもの。
社会主義とか共産主義とかは似ているとこもあるかも知れないけど、みんなが体たらくになるのではなく、それぞれが出来る限りのことをしてコミュニティを作るって言うのな。

表現するのは難しいけれどね。

このまま、資本主義進んでいくと格差が広すぎて制度の限界を超えていると私自身思うところがある。

わたしがは資本主義の金持ち達の資本を吸い上げて、それをわがコミュニティ設立に使わせてもらいたいと考えている。もちろん資本を吸い上げるのは合法的に行う。

先ずは、団体のもととなる法人設立。
初期投資資金はFXの儲けで賄いたい。

目標は3年以内。農地を格安で買収とコミュニティで必要な作物を機械化で作成。
すむ場所はドームハウスを考えている。

メインの仕事はFX為替取引部門と、農作物部門。それと、教育部門。
一つのコミュニティを作るのに人間として最低のことを基本として、宗教色は排除する。コミュニティの仲間になるには何らかの基準は必要であろう。
自分のこと以外に、他の人のためには自分の得意なことや自分の財産をかしたり提供できたりできる人かな。
それから、その提供を受けた人はいずれ当人にしてくれたものプラスを返すまたは、他の困っている人に提供をする。つまり相互援助をするコミュニティだね。一員を本当の家族のように思えて、本当の家族のように話し合い相談できること。何かをやるにはそれなりの知識と勇気が必要になる。
常に向上心をもって学ぼうとする心掛けが必要だ。慣れるまでは大変身も知れない。自分が頑張ったことで家族が恩恵を受けるならばこんなに嬉しいことはないはずだよね。

私はそんなコミュニティつくりに人生を捧げるつもりだ。

血が繋がってるとかそんなことは関係無いんだよね。過去を許し、これから先のことを協力し合って生活していくコミュニティだ。

興味のある人は連絡待ってます。

詐欺とか犯罪などはしない。

あくまで、他の人より頭使って資本を貯めて、コミュニティ作りに使う。

余裕ができたら、コミュニティの資産形成のために何らかの起業をすることも考えている。

何はともあれ、同じ考え方の人と話し合いたい。まったく同じ考え方の人はいないと思うのでオーパーラップする部分で何か行動が起こせればと思う。

本当に興味のある人だけ連絡よろしく。私のコミュニティネームはころん。宜しく。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です