支出をいかに減らすか?

収入を増やす方法からかけよと言われそうですね。

なぜそうではないのか・・

72の数字でも関係してきますが、例えば元金が1万円だとしましょう。

年利率が仮に5%のものがあったとします。税金引かれるとかの話は割愛。

72÷5=14.4年 1万円が2万円になるのに14年以上かかるのですよ!

それなら、元金が100万円だったら・・・14年以上かかりますが200万円に

なるのですよ。

つまり、元金、種銭をある程度貯めてなおかつ利率のよいものに投資をしなければ

意味があんまりないんですね。

私的には最低100万円までがんばって貯めてみましょうと言いたいのです。

100万円貯められれば、支出を減らす方法を継続できればそれだけで更に

100万円貯まるんです。納得されましたか?継続は力なり。

それでは、私が実際に行っている支出を減らす方法を紹介します。

1.車を持たない。
  任意保険や税金、車検、駐車場代、ガソリン代などが勿体ない。
  家族で遠出するときなどはレンタカーで間に合うのでは?
  仮に必要な方は軽自動車にしましょう。
  私は原付バイクです。任意保険は加入しています。通勤に使用。
  税金は今年から倍の2000円になりました。通常かかる維持費は
  オイル交換とタイヤ交換とガソリン代くらいですかね。
  健康的には自転車もありかもしれません。検討の余地あり。
2.タバコ・酒はやらない。
  酒は梅酒をときたま水割りで飲む程度。居酒屋などには行きません。
  タバコはかなり昔は吸っていましたが、やめています。
  仕事のつきあいで酒は必要だと言われる方、本当に必要なんですか?
3.公営ギャンブルはやらない。
  競馬・パチンコ・宝くじなどもやりません。昔はやっていましたけど。
  夢を買うって、キャッチフレーズありましたけど、夢は叶えるもの。
4.新聞取らない。
  ネットが現在のような環境でなければ、新聞は必要かもしれませんが
  とらなくても特に困っていません。携帯のニュースアプリかラジオ
  で最低限足りるでしょう。
5.通販は主に楽天でお買い物マラソンのときにまとめて購入する。
  お買い物マラソンは毎月とは言わないけれど定期的に開催されています。
  米、洗剤、タオル、仕事着もろもろ買っています。
  食品は近くのスーパーの特売日を狙うのも手かもしれないですね。
6.理容室・美容室には行かない。
  年齢で髪が薄くなってきたこともありますが、バリカンで自分で丸刈りに
  しています。シャンプーなどもボディーシャンプーで洗ってますし、
  乾かす時間もほとんど必要なし。整髪剤なんかも必要なし。
  女性はショートカットにすれば良いのかな?
  ファッションなどは個人のことに関わるので、これ以上は述べませんが
  私は丸刈りだからってなんとも思っていません。人間中身だと個人的に思います。
7.外食は極力控える。
  自炊するほうが、食費はかからない気がしますね。ただ、手抜きをしたい時や
  特定の記念日なんかは外食すれば良いと思います。基本節約は必要ですが、
  楽しみが何も無いというのは何のために生きてるの?と感じるので、
  そこはストレスを感じない程度でケースバイケースで良いと思います。
8.早寝・早起きを心がける。
  あくまで、私の場合ですけど。支出が減ると思います。また、自由になる時間
  が増える感じがします。また、思考効率の上がる気がします。
9.すべてを自分でやらない。餅やは餅や。
  仕事着などはスーパーにあるクリーニングを使用しています。
  以前は汚れを専用洗剤などで落とし、漂白剤などに浸けて、洗濯後アイロンを
  かけたりしていましたが、コストパフォーマンスがあまりに悪いので
  外注しています。歳をとってくるとお金以上に時間の大切さもわかってきます。
  外注できるところは任せて、その分浮いた時間を自分の時間として有効利用
  すべきだと思います。
10.ある金額以上のものを購入するときは、本当に必要か十分検討してから購入
  する。
  逆に安いものを購入するとき、100円ショップなどで購入するとき、
  必要以外のものは買わない。

とりあえず、頭に浮かんだもの列記しました。まだあると思いますが、パッ
と思い浮かばないことは実際に行っていないからかもしれない。
あなたなりにできることから始めて行けば良いと思います。
時間ももったいないので、次回に続く。